産後のシャンプー

産後のシャンプーが抜け毛の原因?

産後の体にはたくさんの変化が見られます。

抜け毛もその一つで、髪の毛がごっそりと抜けた時はまさにホラー映画を彷彿とさせるような恐怖を感じえません。
女性にとって髪は特別なものですから、それが大量に抜けてしまうとなると…やはりそのショックは計り知れないものがあるのです。

よく、「産後はあまりシャンプーをしないほうがいい」といったこと聞きます。
それが関係しているのでしょうか?

この話は、高齢者といっては失礼かもしれませんが、おばあちゃん世代がよく口にしているよう。
一体なぜなのでしょうか?

今はほとんど無いようですが、産婦人科でも入院中のシャンプーを禁止していたところがあるそうですから、あながち理由がなく禁止していたわけではないようです。

この産後のシャンプーを禁止する考えは、どうやら当時の設備背景が関係していたようです。
考えてみれば、昔は今ほど暖房設備も整っていません。
ましてやお風呂の状況もまったく違ったのですから、体の事を考えてシャンプーを当分の間禁止するのも納得です。

産後は体力をひどく消耗していますから、それから回復させるための大事な時。
そんな時にシャンプーして髪を濡らし、それが原因で風邪をひいた…なんてことになれば、今とは違って大変だったろうと思います。

今はお風呂の環境も暖房設備も十分に整っています。
逆に洗わないことで頭皮が汚れて抜け毛が増えてしまいやすくなりますから、「産後のシャンプーを控える」というのは、あまり深刻に考えないほうがいいのかもしれませんね。

…と、言う事は、なにもシャンプーが原因で抜け毛が増えているわけでないということなのかな!?

産後のシャンプー選び

産後の抜け毛を少しでも減らしたいとなると、やはりシャンプー選びがとても大事なポイントになります。

産後に抜け毛が増える原因としては、ホルモンバランスが乱れてしまうことがいわれていますが、頭皮もその影響をバッチリ受けています。
普通の健康体と出産後では、これまで使っていたシャンプーにも敏感に反応してしまうこともありうるわけです。
だから、かゆみなどの何かこれまでとは違う異常…それが抜け毛の原因になっていることもあるわけです。

これは大変です。

異常を感じやすい状態になっているのであれば、用心の為にもシャンプーを別のものに変えたほうが無難。
産後の抜け毛を抑えるための頭皮に優しいシャンプーで、優しくケアすることができれば、抜け毛も減るはずです。

では、どんなシャンプーを選んだらいいのか?

まず、シャンプーに配合されている成分が頭皮に刺激を与えないもの…できるだけ無添加低刺激のものがいいでしょう。
添加物や香料、石油性界面活性剤なんてもってのほか!
天然由来成分だけで作られている、自然に近いシャンプーが安心です。

最近ではノンシリコンシャンプーといったものが注目を集めていますが、これはまさに産後のデリケートな状態にぴったり。

そもそも、「シリコン」とは化学合成物質です。
加えることで指どおりを滑らかに、髪の毛にコシを作ってくれはしますが、敏感な状態になっている肌には毒に近いものに…。
ここはノンシリコンシャンプーを選ぶ方が吉です。

また、これまた最近よく耳にするアミノ酸系シャンプー
石油性界面活性剤の代わりにアミノ酸を利用しているわけですが、刺激が弱く天然の保湿効果が得られる優れもの。
ちょっと洗浄力が弱く、髪の毛のボリュームが減ったり、手触りがゴワゴワしてしまいやすくなりますが、産後の敏感な肌を思うのであれば、やはりこちらのほうがいいですね。

男性用、女性用問わず、最近では頭皮に優しい育毛シャンプーが数多く発売されています。本当にたくさんあるのでその中から自分に合うシャンプーを選ぶのだけでも非常に大変です。ネット上の口コミを利用したり、あとはお医者様推奨のものを選ぶなど、自分なりに選ぶ基準を設けておくといいかもしれませんね。

男性の薄毛AGAの専門クリニックである銀座総合美容クリニックの院長先生が開発したヘアケア製品メソケアプラスは男女共用でシンプルでおしゃれな容器やもちもちした泡の使い心地などが女性にも人気のヘアケアシリーズです。メソケアプラスの詳細はこちらのサイトに詳しく掲載されています。

トップへ戻る