産後の抜け毛とは?

産後の抜け毛と普通の抜け毛は違う!

産後に突如増える抜け毛。

多くの方がこの問題にぶち当たっているようですが、この時のショックは受けた人にしかわからないのではないでしょうか?
女性にとって髪は大事なものですから深刻です。

この、出産後に急激に抜け毛がごっそりとでるようになる…これは「産後脱毛症」と呼ばれています。
また、「分娩後脱毛症」なんて呼び名もあるそうで、抜け毛だけでなく髪の毛自体が細くなってボリュームがダウンしてしまうというのですから厄介です。

抜け毛といってもその抜け方はさまざま
多くの人が全体的に抜けてしまうようですが、その量は個々によってバラバラ。
もともと細くてそう量が多くない人は、よけいに強く感じるかもしれませんね。
多い人では全体の2割近くも抜けてしまうというのですから、想像しただけでも恐ろしい光景です。

出産後の抜け毛は、「このまま抜け続けてしまうのではないか…」なんて恐怖を強く感じます。
でも、あくまでも妊娠・出産によるホルモン変化による一つの影響。
自然現象でもあるのですから、そこはおおらかに構えるようにするのがいいのだとか。
あまり深刻に受け止めて考えすぎると、それがストレスとなって余計に抜け毛を増やす…ということなんでしょうね。
でも、考えちゃいますよね。

妊娠後の抜け毛はあくまでも一時的なもの。
健康な状態での抜け毛とは違う…ということは肝に銘じておいたほうがいいかもしれません。
なにせその原因は加齢や不規則な生活、ストレスなどによるものなのですから!?

ただ、出産後の抜け毛を気にするあまり、それがストレス不安を強くすると、「産後だから…」といったものとは別のものとなってしまうことにもなりかねません。

産後による抜け毛は、大体半年から1年ぐらいで治まるといわれているので、その間はあまり考えないようにするのがいいのかも…。

でも…。
長いなぁ…。

トップへ戻る